1. 現在位置:
  2. 薬学部へ行こう!
  3. 各大学の取り組みをレポート
  4. 昭和大学 薬学部
各大学の取り組みをレポート
昭和大学 薬学部

昭和大学 薬学部

住所 〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
Tel 03(3784)8026
URL http://www.showa-u.ac.jp/sch/pharm/index.html資料請求
※現在、2019年度大学案内パンフレット製作中のため、完成次第(2018年6月上旬ごろ予定)、お送り致します。

チーム医療に強い臨床薬剤師を育てます

PBLチュートリアル

昭和大学は、薬学部のほか、医学部、歯学部、保健医療学部からなる日本で唯一の私立医系総合大学です。本学は、「国民の健康に親身になって尽くせる臨床家を養成する」という願いのもとに設立されました。本学の建学の精神「至誠一貫」は、真心を持って患者さんに尽くすことを意味します。薬学部では患者さん中心のチーム医療を実践する臨床薬剤師を養成します。

医療人としての基礎を育む1年次全寮制

1年次は山梨県富士吉田キャンパスで4学部の学生が共同生活しながら医療人としての基礎を身につけます。学部横断型授業や学部の違う4人が同じ部屋で共に過ごす寮生活を通じて、チーム医療の基盤となる人間性を培います。2週間に及ぶ初年次体験実習では、医療機関(病院・薬局)、福祉施設・高齢者宅を訪問したり、研究所を見学したり、救命処置を体験したりします。

都心のキャンパスで専門性を身につける

2年次以後は東京都品川区にある旗の台キャンパスで講義や実習を通して薬学の専門性を身につけます。同じキャンパス内にある昭和大学病院をはじめ8つの附属病院を活用し、低学年から病院内の薬局や病棟、手術・救急医療などの現場で臨床体験をふんだんに取り入れた実習も展開します。また、医・歯・保健医療学部の教員から講義や実習指導が受けられるのも本学の特色です。

チーム医療の仲間とともに問題を発見し、解決に導く能力を磨く!

PBLチュートリアル

全学年を通じてグループ討議による問題解決型学習(problem-based learning; PBLチュートリアル)を取り入れ、将来、薬剤師・薬学研究者として必須となる「自分で考え、生涯学び続ける」学習姿勢を確立します。また、全国でも唯一の4学部合同PBLチュートリアルでは、各学部の学生が患者さんの問題点について、それぞれ薬剤師、医師、歯科医師、看護師、作業療法士、理学療法士の立場から一緒に考えます。
さらに、文部科学省の支援を受けた「大学と地域で育てるホームファーマシスト」プログラムでは、4学部の学生が地域の医療機関と連携して在宅チーム医療を体験するもので、地域におけるチーム医療の基盤を作ります。


大学附属病院でクリニカルクラークシップを実践!

5年次に行う病院実習は、すべての学生が昭和大学の8つの附属病院のいずれかで行います。そこでは、臨床教員である薬剤師、医師、看護師の指導のもと、学生一人ひとりが患者さんを担当し、臨床薬剤師として実践しながら基本的能力を修得します。このような高レベル、かつ均質なクリニカルクラークシップ(臨床参加・実践型実習)で理想的なチーム医療を実地に学ぶことができるのは昭和大学だけです。本学の恵まれた環境を活かし2019年4月からは卒業後2年間にわたって臨床実践力を磨く「臨床薬剤師研修制度」を開始する予定です。

医療者に求められる科学力を育む薬学研究と大学院

4年次以降は各講座・部門で卒業研究を行い、将来の医療に貢献するために必要な問題解決能力を養成します。大学附属病院や医学部・歯学部などと協力して先端的研究を行うことで、医療者に求められる科学力を育み、科学的根拠に基づいた医療を実践できる臨床薬剤師を養成します。また、学部在籍中に大学院の授業を先行して受けることができる「マルチドクタープログラム」が整備されており、学部学生のうちから研究マインドを醸成します。本学の大学院薬学研究科4年制博士課程の在籍者数は全国で最多を誇っています。

センターB方式(地域別選抜)入試スタート

本学では、地域貢献できる医療人を育成するために、全国から優秀な現役生を求めており、H30年度入試から全学部でスタート。全国を6つのブロックに分けて、各ブロックごとの上位合格者は、初年度授業料(140万円)を免除します。※現役生のみ

医学部一般選抜入試(Ⅰ期)利用の歯学部、薬学部併願入試がスタート

平成31年度入試から医学部一般選抜入試(Ⅰ期)利用の歯学部、薬学部併願入試を実施いたします。
医学部選抜Ⅰ期を受験すれば、併願で2学部以上の合否判定が可能となります。
医学部入学試験受験者で、歯学部・薬学部も同時に受験したい方の入学検定料の負担を軽減します。また、歯学部・薬学部の一般選抜入試Ⅰ期(1/24実施)と併願可能のため、合格の可能性が広がります。

【概要】

入試日程
  • 1次:平成31年1月25日(金) 学力試験
  • 2次:平成31年2月2日(土)または3日(日) 小論文・面接(1次合格者のみ)

※面接は1次試験に合格した学部の中で、志望順位が高い学部で実施します。

入学検定料
  • 医学部 + 歯学部併願の場合、通常110,000円 → 90,000円(20,000円減額)
  • 医学部 + 薬学部併願の場合、通常95,000円 → 70,000円(25,000円減額)
  • 医学部 + 歯学部 + 薬学部併願の場合、通常145,000円 → 100,000円(45,000円減額)
募集定員
  • 歯学部:3名
  • 薬学部:5名

転部入学・転科制度

本学では、第1学年終了見込みの学生で、学業・人物ともに優秀者を対象に、転部入学・転科制度(各3名以内)を設置。第2学年から転部・転科する制度で第1学年在学中に募集します。※推薦入試での入学者は対象外

全国の薬学部一覧

全国の薬学部をもつ大学をリストアップしました。あなたの志望校選びにお役立て下さい。

薬学部ピックアップ


このページの先頭へ