1. 現在位置:
  2. 薬学部へ行こう!
  3. 各大学の取り組みをレポート
  4. 慶應義塾大学 薬学部
注目の薬学部をご紹介します!
[学部特集]各大学の取り組みをレポート
志望校選びに悩む受験生に、ユニークな取り組みを行う薬学部をご紹介!
慶應義塾大学 薬学部

慶應義塾大学 薬学部

住所 〒105-8512 東京都港区芝公園1-5-30
Tel 03(3434)6241
URL http://www.pha.keio.ac.jp/資料請求

薬学の未来を先導します

2008年4月慶應義塾大学は共立薬科大学と合併し、慶應義塾大学薬学部・大学院薬学研究科を開設しました。共立薬科大学で、これまでに培われてきた薬学の分野における専門的な教育・研究・社会貢献と慶應義塾の総合力を融合させ、新しい薬学教育、薬学研究、そして薬学を通した社会貢献の在り方を世に示して先導しています。

薬学科(6年制)

高齢化する医療、薬物療法、さらには医薬分業の進展に伴う医薬品の適正使用や薬害の防止といった社会的要請に対応でき、医薬品を「モノ」としてとらえるのではなく「ヒト」を対象とする薬物治療に関連する知識を高め、「科学の基盤をもった、ひとに優しい薬剤師」の養成を行います。卒業後には病院薬剤師、薬局薬剤師、製薬系企業の研究職、臨床開発職、技術営業職(MR、医療情報担当者)、薬事行政公務員などに進みます。

薬科学科(4年制)

生命科学の教育を中心とし、「創薬・環境・生命科学など幅広い薬学分野の教育研究を通して、国民の健康をサポートする人材」を養成します。学部卒業後は多くの学生が大学院に進学することを想定しています。その後は、薬学科卒業生と同様の進路(薬剤師を除く)以外には、化学・食品・バイオ産業の研究・技術者、公的機関の研究員などへの道も開けています。

都心にある最新設備の快適キャンパス

芝公園の豊かな緑に恵まれ、東京タワー、東京プリンスホテル、増上寺が近く、図書館や美術館、博物館などの施設が充実し、多くの名所旧跡があり、今なお江戸の文化と歴史が息づいています。

最先端の施設・設備は、薬学教育・研究の拠点

創薬研究センター、医療薬学・社会連携センター、薬学教育研究センター、薬学メディアセンターなどを整え、活発な研究・教育をサポートしています!

全国の薬学部一覧

全国の薬学部をもつ大学をリストアップしました。あなたの志望校選びにお役立て下さい。

薬学部ピックアップ


このページの先頭へ