1. 現在位置:
  2. 薬学部へ行こう!
  3. 各大学の取り組みをレポート
  4. 立命館大学 薬学部
注目の薬学部をご紹介します!
[学部特集]各大学の取り組みをレポート
志望校選びに悩む受験生に、ユニークな取り組みを行う薬学部をご紹介!
立命館大学 薬学部

立命館大学 薬学部

住所 〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1
Tel 077-561-2563
URL http://www.ritsumei.ac.jp/ph/ 資料請求

将来の目標にあわせて学べる2学科体制を採用

薬学の学問分野は、「薬の作用を理解する」、「薬を正しく使う」、「薬を創る」の大きな3つカテゴリーに分けることができます。立命館大学薬学部では、薬剤師や創薬研究者など、将来の進路にあわせてこの3つのカテゴリーをバランスよく学び、医薬品等を通じて人類の健康と幸福に貢献できる人材を育成できるよう、薬学科と創薬科学科の2学科体制での学びを展開しています。

薬学科(6年制):高度化する医療において先導的な役割を果たす薬剤師を養成

多様なカリキュラム

薬剤師の職能は、これまでの調剤を中心としたものから、病院での医師と連携した処方提案などのチーム医療、病棟や在宅などベッドサイドで薬のプロフェッショナルとして患者の健康をコンサルティングすることなど、新しい活躍の場が広がっています。薬剤師への社会ニーズは今後も常に変化・進展し続けていきます。これから薬学を学ぶ者に必要なのは知識だけでなく、社会ニーズの変化を敏感につかみ取り、対応できる柔軟性です。薬学科(6年制)では、あらゆることに疑問を持ち、自ら進んでその解明に取り組む“研究マインド”を持った薬剤師を養成していきます。

創薬科学科(4年制):薬学を基礎から学び、新しい薬の発見・創製につなげる研究者を養成

多様なカリキュラム

薬学は医薬品の創製とその適正な使用を通して人類の健康と福祉に貢献し、社会の発展に寄与することをその使命としています。分子標的薬やゲノム創薬、再生医療など医療技術がめざましく進歩している今日、創薬分野の研究とそれを支える人材の重要性はますます増大しています。創薬科学科(4年制)では、“薬を中心に据えた“人の健康にかかわる自然科学と創薬科学の知識・技術を習得し、医薬品の創製、開発、生産さらには食品・化粧品、環境や衛生分野などの薬学関連領域での研究、行政および教育に従事する人材を養成していきます。

総合大学のなかの薬学部

立命館大学は、3キャンパス、14学部からなる総合大学です。総合大学の特色を活かした全学共通で開講する教養科目や、他学部と連携した学部アドバンスト科目など、幅広い知識と確かな世界観を育てる科目を提供しています。また、薬学部の位置するびわこ・くさつキャンパスでは、生命科学部、理工学部、スポーツ健康科学部など理系を中心とした5学部と、経済学部など文系の学部の学生が学んでおり、多様な背景を持つ学生とキャンパスでの日常を共にすることができます。

少人数体制によるきめこまやかな指導

1~2年次から、学生ひとりにつき1名の教員がアドバイザーとして学習に対する相談などを受けるアドバイザー制度を導入しています。入学定員が薬学科100名、創薬科学科60名と比較的少数であるため、学生と教員の距離が近く、学生ひとりひとりの状況を把握しながら、きめ細やかな指導を実践しています。また、同級生同士や先輩後輩の縦の繋がりも強く、互いに学び合う姿勢が醸成されています。

全国の薬学部一覧

全国の薬学部をもつ大学をリストアップしました。あなたの志望校選びにお役立て下さい。

薬学部ピックアップ


このページの先頭へ