1. 現在位置:
  2. 薬学部へ行こう!
  3. どんな疾患にも対応できる一人前の薬剤師になることが目標です
薬学部の先輩たちがアドバイス!
[学生特集]先輩からのメッセージ
薬学部ならではのキャンパス・ライフを、現役大学生がご紹介します

どんな疾患にも対応できる一人前の薬剤師になることが目標です

イメージ

慶應義塾大学 薬学部薬学科6年
川口 敦美
(国立大学法人
筑波大学附属高等学校出身)

Q1. 薬学部を選んだ理由
病気の人の役に立つ仕事がしたくて、医療関係者に憧れていました。どんな疾患でも治療には薬が使われるため、薬の知識を得て説明できるようになれば患者さんの役に立てるのではないかと思い、薬剤師を目指しました。

Q2. 学生生活はどのように過ごされていますか?
病院実習では、わからないことが多く、自分の未熟さを痛感しましたが、学校での勉強が臨床につながることが嬉しかったです。現場で働く薬剤師さんたちの知識の豊富さや仕事への姿勢にも大きな刺激を受けました。

Q3. 卒業後の夢など
仕事を通じてさらに知識や経験を積み、どんな疾患にも対応できる一人前の薬剤師になることが目標です。ひとりひとりの患者さんに向き合い、安心して治療を受けてもらえるよう手助けをしたいと思います。



このページの先頭へ