1. 現在位置:
  2. 薬学部へ行こう!
  3. 授業と医療現場がしっかり連動
薬学部の先輩たちがアドバイス!
[学生特集]先輩からのメッセージ
薬学部ならではのキャンパス・ライフを、現役大学生がご紹介します

授業と医療現場がしっかり連動

北里大学薬学部薬学科6年 渡邊真理恵

北里大学薬学部 薬学科6年
渡邊 真理恵
(神奈川県立柏陽高等学校出身)

授業と医療現場がしっかり連動。
一体感があるから、実習も安心です。

学部教育と医療現場との連携が密なのが、北里大学の魅力です。病院実習で実務指導を担当する薬剤師が、学部の授業でも教わっている先生なので心強く安心できました。

病院・薬局実習の中で、まず病院実習は北里大学病院で経験。特に病棟の服薬指導は患者さんと長い時間接するため、何をどう伝えるかの判断が難しく、戸惑いました。また、私が担当した患者さんは、お薬の効果は実感されていましたが、副作用の悩みもありました。指導担当の先生からは「患者さんの話をよく聞くこと」などアドバイスを受け、現場の情報を薬剤師から医師に提供し、改善方法を検討する大切さを実感。薬局実習は地元で行いましたが、多くの患者さんと触れあうことができ、病院とはまた違う印象を受けました。卒業後はまず病院で働き、やがて薬局へという道を今は考えています。



このページの先頭へ