1. 現在位置:
  2. 薬学部へ行こう!
  3. ハードな毎日ですが、仲間と学生生活をエンジョイしています
薬学部の先輩たちがアドバイス!
[学生特集]先輩からのメッセージ
薬学部ならではのキャンパス・ライフを、現役大学生がご紹介します

ハードな毎日ですが、仲間と学生生活をエンジョイしています

昭和薬科大学4年 奈良健弘

昭和薬科大学 4年
奈良健弘
(青森県立 五所川原高校出身)

両親が昭和薬科大学出身で、祖父も薬剤師という環境に育ち、薬剤師の資格取得を目標にしてきました。

4年次からのコース制も、病院・薬局の薬剤師を目指す学生を主な対象とした臨床薬学コースを選択しています。

入学前、6年間は少し長いのではないかと思っていましたが、実際に講義や実習を受け、さらに長期の実務実習が控えていることを考えると、やはり6年間は必要だと感じています。3年次後期から事前実習が始まり、調剤、分包、処方せんの疑義照会、服薬説明などを一通り体験しました。講義も「薬」と名のつく履修科目が増え、薬の効き方、生体内での作用など専門性が高まってきました。

4年次の終わりには、5年次に進む関門となる共用試験が待っています。これから事前実習も本格化し、過密なスケジュールですが、この1年をかけて頑張らなければと意欲を燃やしています。

6年制教育は勉強量も多く、ハードな毎日です。だからといって、勉強一筋で自由な時間を楽しめないわけではありません。みんな部活を楽しみ、アルバイトをしながら、メリハリのある大学生活を過ごしています。僕自身、バスケット部に所属し、親しい仲間たちと一緒に学生生活をエンジョイしています。



このページの先頭へ