1. 現在位置:
  2. 薬学部へ行こう!
  3. 薬学の出発点に立つためにも、高校でしっかり勉強しておくことが大切です。
薬学部の先輩たちがアドバイス!
[学生特集]先輩からのメッセージ
薬学部ならではのキャンパス・ライフを、現役大学生がご紹介します

薬学の出発点に立つためにも、高校でしっかり勉強しておくことが大切です。

昭和薬科大学2年 元山莉那

昭和薬科大学 2年
元山莉那
(神奈川県立 市ヶ尾高等学校)

2年に進み、改めて1年次の基礎教育の大切さを感じています。たとえば、薬学の基礎となる生物を学んだことで、2年次の微生物学や細胞の機能についての講義がより深く理解できるようになり、すべてつながっていることがわかりました。生薬の講義など、薬科大学らしい授業も始まり、薬学への興味が広がっています。

いまでも忘れられないのが、1年次の「解剖見学実習」です。前期に解剖学の講義があり、後期に医科大学へ出かけてヒトの身体や臓器を目の当たりにしました。私にとって衝撃的な体験でしたが、生命の尊さを感じ、もっと頑張らなければと励みにもなりました。

そんな体験を通して、ドナー提供や脳死問題などを少人数で討論するSGDに真剣に取り組む姿勢ができてきたような気がします。最初のうちは人前で話すことが苦手でしたが、問題と真摯に向き合い、異論も認めながら自分の考えを発表し、いろいろな意見を集約することで、見えてくるものがあります。

何といっても、高校で学ぶ化学、物理、生物、数学の知識は薬学に欠かせません。それは今だからいえることで、薬学の出発点に立つためにも、高校でしっかり勉強しておくことが大切です。



このページの先頭へ